全身脱毛の施術のあとのアフターケアはどうするべきか?

全身脱毛の施術を受けたあとには、アフターケアにも勤しみましょう。脱毛の光やレーザーの照射を受けたあとというのは、肌は火照りを感じます。

それは人間が思うよりも、もっと肌の内部には浸透しているので、肌はクールダウンさせたほうがいいです。

自宅へ帰ってからも、また肌が赤みを持つようであれば、保冷剤等でのクールダウンをすることです。肌への火照りを感じなくても、内側の火照りが継続をするものです。

全身脱毛後のアフターケアは入念に

全身脱毛となれば広いパーツになるので、施術を受けたあとの内面の火照りは広範囲です。アフターケアでは保冷剤の利用もいいですが、肌を全体的にローションやミルクなどで満たしましょう。

この時の温度を上げることを考えないで、水分や保湿剤で肌を満たすことを意識するようにします。

全身脱毛をした夜に長湯は厳禁!

肌の清潔第一の日本人ではありますが、全身脱毛をした日の夜に限りましては、バスタブにお湯を張り、長湯をするようなことは絶対にしてはいけない事です。

全身脱毛をした夜はバスタブではなく、シャワーをかけて肌の汚れは落とすくらいだったら、体温は急激な上昇にはならないので、問題はなくなります。

アフターケアは肌の清潔もひとつなので、シャワーを上手に利用して、それから肌を保湿するという流れで付き合いましょう。

全身は広くはなりますが、顔のようにコットンで化粧水と付けるような、細かいケアではないので大丈夫です。

脱毛エステでは毛周期に合わせて施術を行う

脱毛エステは脱毛の施術を専門に行うエステサロンです。エステと言うのは、癒しを与えてくれるお店でもあり、アロマを利用した幅広い施術を行う施設です。

アロマの香りにより、リラックス効果を得られ、更にマッサージによる施術で日頃のストレスを発散する事も出来ます。

脱毛エステの施術は何度も受ける必要がある

施術により、美肌効果などを得ることが出来るのです。脱毛エステは、ムダ毛の処理を専門に行うお店であり、医療行為が出来ないため、医療レーザーによる脱毛は出来ませんが、光を利用した光脱毛を行う事でムダ毛の処理が可能になっているのです。

しかし、脱毛エステなどでは1度の施術を受けても再び毛が生えて来ることになることからも、数回の施術を繰り返し行う必要があります。

脱毛エステを選ぶときに気にしておくのが毛周期

そのため、脱毛エステを選ぶ場合には、通い易い場所に在るお店、予約が取りやすいお店を選ぶ事が大切です。脱毛の原理において外すことが出来ないのが毛周期です。

毛周期は毛が生えるサイクルであり、ムダ毛の種類に応じて周期は異なります。また、脱毛をした時に効果が得られるのは毛周期の内、成長期に入っている毛のみになります。

休止期や退行期に入っている毛と言うのは再び生えて来ることになり、その都度施術を繰り返す事で脱毛の効果を高めることが出来るのです。

 

当サイトでは、初めてでも安心して通える池袋の全身脱毛サロンを徹底調査していますので、参考にしてみてください。

初心者に優しい!池袋の全身脱毛サロン徹底調査を参考にする

ムダ毛処理は自分でやるより脱毛サロンやクリニックに相談

ムダ毛を処理する方法として、毛抜きやカミソリを使用する、除毛クリームを使用するなどの様々な方法があります。

また、市販の脱毛器を使用するという方法もあるでしょう。しかし、これらの方法をしても、なかなか効果を感じることが出来なかったり、手間や時間がかかってしまうこともあるでしょう。

そこで、根本的にムダ毛を処理する方法として、サロンやクリニックで施術を受けるという方法があります。この方法であれば、根本的にムダ毛の数を減らすことが出来ますので、ムダ毛処理の手間や時間を軽減させる効果を期待することが出来るのです。

エステサロンを選ぶ際のポイント

人気のサロンとして、ミュゼプラチナムやジェイエステ、銀座カラーなどが挙げられます。実際に施術を受けたという人も多いため、施術を受ける前に情報を集めたいという人におすすめです。

サロンの場合は、お得に施術を受けることが出来るキャンペーンを実施していることもあり、手頃な価格で施術を受けることが出来るという魅力があります。

脱毛クリニックのエステサロンとの違い

一方の脱毛クリニックでは、医師や看護師などが施術を行うため、安心・安全な施術を受けることが出来ます。

また、サロンでは行うことが出来ない高い出力での施術が可能ですので、短期間で高い脱毛効果を期待することが出来ます。特に人気なのが、アリシアクリニックや湘南美容外科です。

いずれにしても、施術を受ける際には事前に行われるカウンセリングで不安などを解消するようにしましょう。不明点や肌の異常などがあれば、カウンセリング時だけではなく、施術途中でも確認するということが重要です。